年会費
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行期間
キーワード

エポスカードが人気の理由

エポスカードは、必ず持っておきたいクレジットカードの1枚です!

エポスカードの特徴を紹介します。

・年会費無料で持てる
・海外旅行傷害保険が自動付帯
・海外キャッシングの返済をネットからできる
・マルイ・モディで年4回10%割引のセール(マルコとマルオの7日間)
・全国7,000店舗以上で優待・割引がある
・エポスゴールドカードへの招待が来ることも
・Apple Payに対応している
・入会キャンペーンでたくさんポイントもらえる
・即日発行ができる

その他に、エポスカードの提示や支払いで全国7,000店舗以上で優待や割引を受けられます

即日発行にも対応していて、旅行直前でも審査に通過すれば大丈夫という安心感もあります。

ただし、ポイントが貯まりやすいカードとは言えないので、ポイントを貯めることに重点を置きたい場合は別のカードを検討しましょう。

エポスゴールドカードの招待について

エポスカードを持っていると、ゴールドカードであるエポスゴールドカードへの招待(インビテーション)が届く可能性があります。

エポスゴールドカードの招待が来る条件は、きちんと使っている実績が必要にりますが、実際にはエポスカード側のみ知るというところでしょうか?

エポスカードからエポスゴールドカードの招待が来るメリットは、エポスゴールドカードの年会費が永年無料になることです。

普通にエポスゴールドカードを申し込んだ場合は、年会費が5,000円かかります。

年会費無料だからと言って、エポスゴールドカードの特徴が変わることはないので、ゴールドカードが欲しい人は普通のエポスカードから使い始めましょう!

若くして早くゴールドカードを持てる可能性がありますよ。

解約方法はかんたん!電話を一本で終了

ードの解約方法は本当に簡単です。こちらに電話するだけ。

エポスカスタマーセンター
東京 03-3383-0101
大阪 06-6630-0101
(受け付け時間 9:30~18:00)

音声ガイダンスに従って進めていくとコールセンターに繋がり、退会の案内と手続きをしてくれます。

携帯電話などの解約と比べると解除料金なども利用規約にありませんし、シンプルに退会するだけで終わりです。

エポスカードの解約は非常に簡単でうが、解約した後に困ることが無いようによく確認してから解約するようにしましょう。

年会費がかかるわけでもないので、持っていても損のないカードだと思いますよ。

エポスカード

エポスカードのポイント還元率について

クレジットカードを使う上で、多少なりとも気になるのがポイント還元率です。

エポスカードのポイント還元率は0.5%で、一般的なクレジットカードと全く同じなので目立った特徴はありません。

ポイント還元率を目当てにエポスカードを使っても全くメリットがないので、気をつけてください。

エポスカードのポイント(エポスポイント)は、200円ごとに1ポイント貯まり、1ポイント=1円分の価値があります。

ポイント交換先によっては、ポイント還元率がもっと下がることもあるので、0.5%という還元率はあくまでも目安です。

個人的に、0.5%よりも還元率が低いクレジットカードはあり得ないですね!

この点はエポスカード唯一と言っていいデメリットです。

そのため、メインでエポスカードを使うのには適していないと思います。

ただし、ポイントが貯まりやすくなる方法はいくつもあるので、公式サイトでチェックしてくださいね。


エポスカードはこちら

雑学 クレジットカードについて

クレジットカードは最近では気軽に作れて持っている人も多いと思います。
実際のクレジットカードとはどういう仕組みで動くものなのか説明したいと思います。

まず「クレジット」の意味ですが、これは「商品を買うとき、またはサービスを利用するとき。代金を後払いするシステム」です。

お店で気に入った商品があったとします。これをクレジットカードで買います。このときの商品の代金はカードの会社が一時負担(立て替え)をしてくれます。
カード会社により日にちは違いますが、毎月「利用明細書」が送付されます。この1ヵ月で「この代金を立て替えましたよ」という具体的な店の名や金額が書かれています。
その料金が登録されている自分の口座から引き落としされる、または振込みます。

これがクレジットカードです。
支払方法はいろいろあります。

一回払い

・分割払い(使用しているカードによって回数はいろいろです)

・ボーナス一括払い

・リボ払い…。

3万円のものを買ったとして、一回払いだったら3万円、2回の分割なら15000円(で、翌月も15000円)・ボーナスならボーナス月に一括で引き落としされます。

分割は2回までは手数料がからないところが多いですが3回目以降は分割手数料が発生することがあるので注意したいですね。

クレジットカードで支払う際は、レシートのような「利用控え」にサインをします。

署名ですね。これは大切に保管して「いつ・どこで・いくら利用したか」を明確にしておきましょう。

また、カード会社からの利用明細書の一覧と照らし合わせて、利用してない請求がないかもチェックが必要です。

最近はサインをしないでも済むお店も増えてきました。

紛失は絶対にしないようにしてください。

セゾンカードは年会費無料でアメックスが使える!
楽天カードの人気の理由

関連記事一覧